So-net無料ブログ作成
検索選択

ナイトフライト [リリース発表]

本日はリリース日。

ってぇコトで各曲をサラッと解説いたしますね♪

まずはKYLYNの「Sonic Boom」の続編。こちらは渡辺香津美のリードギターによるいわゆるメインテーマのAメロ部ですな。渡辺香津美の楽曲には珍しく(失礼)キャッチーなフュージョン・サウンドで爽快感溢れるテーマです。モード・チェンジの美しさを堪能できるのではないかと思います。

それにしてもアレンジの妙味は、やはり坂本龍一のアコピと益田幹夫のローズの声部分け。実に巧いこと分担しております。坂本龍一のとってもNastyなリフ。カシオペアの「Galactic Funk」とか思い出していただければご存知の方なら納得されるのではないでしょうか。

原曲通り耳コピしてるんで、よ~く聴いていただけるとお判りだと思うんですが、ポリフォニック・シンセの音も実は入ってるんですね。恐らくポリムーグだと思うんですが。

パート数は結構多いのに、アンサンブルのそれがスッキリ聴こえるのはやはりアレンジの妙味でありましょうな。それとやはりスネアの心地良い「抜ける」音。一応レギュラー・グリップを想定してスネアのシズル感をかなり意識した音作りにしているのは過去にも語った通りなんですが、テーマ部におけるいわゆる「2・4スネア」での心地良さを堪能していただければな、と思った次第です。


さらにはEFXシリーズで、「ヒョロヒョロヒョロヒョロ・・・・コテッ!」ってぇ感じの「ズッコケ」感を演出するのによ~くあるような音効(笑)。アレコレ説明する前に、これはもう聴いていただくしかないかな、と。

最後に、ジョー・サンプルの「Night Flight」の味のあるリフを抜粋。原曲はかなり長いですからね(笑)。元の曲はローズではなくアコピなんですが、アコピのパートをローズに置換しました(笑)。正直なところ、ジョー・サンプルのアコピは左近治、好きではないんですよ。まあ、「Wings of Fire」なんてかなりの名曲ですが。

fffの直後にpppが来るような「常時フォルテ・ピアノ」(笑)のような運指がどうしてもアコピだと聴きづらいと言いましょうか(笑)、ビンタの直後にナデナデしてくれるのはイイんですが、油断してると直後に往復ビンタ飛んでくる、その繰り返しみたいな。慣れてくると良さは判るんですけどね。ピアノ線ブチ切れそうな臨界状態の部分音すらも生み出す氏のアコピ(笑)。一度聴けばあのアコピの音はジョー・サンプルのそれだとすぐ判るアレですね。ただ、ローズだと合うんですな。カワイのピアノをジョー・サンプルが弾いたらスゴイことになるだろうなと私は常々感じております。ガッツンガッツン極太ミドルが飛んでくるような周波数分布になりそうです(笑)。

さりげなく今回注力しているのはベースの音とキックのコンプ。このようなコンプの使い方はいずれベッカーの各曲解説の時にでも語ろうかなと思っております。それでは今回はこの辺で。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。