So-net無料ブログ作成

昨夜の報道ステーション [クダ巻き]

久米宏から古館伊知郎に代わってから団塊世代取り込みにシフトしたのか、スポーツ関連というとプロ野球一色になってしまった感があるようになって久しい報道ステーション。なかなかサッカー取り上げてくれません(笑)。寓意や皮肉のそれは、速球ストレート勝負が古館伊知郎だとするならば、久米宏は変化球勝負型。場合によっては打たせて補って走らせて、一塁に「魔送球」で封殺するのが久米宏だったので面白かったわけで、直球勝負に食傷気味だった私が昨夜の報道ステーションにおいては実に興味深いニュースを取り上げていたなあと感じたことがあったんですね。

それが、風力発電による健康被害の実態。

まあ、風力発電の風車が低周波を生んでしまっているっていう事ですな。

確かにテレビ画面のパッと見でも、ほぼ1秒間に1枚の羽が通過しているわけだから、概ね20〜25rpmなワケですね。1Hzくらいの低周波は普通に考えて生まれるだろな、と思っていたらその通り(笑)。1〜3Hz辺りに極端なピークが現れていて、可聴帯域外の20Hz以下辺りまでかなり分布しておりました。

これは一体どういう要因からか!?

これが以前にも語った事のある、「回折」の原理そのものだからですね。回折による大気の振動が影響を及ぼすというワケです。

そもそも回折というのは、この場合風力発電の羽が空気を切り裂く時の表面積と相対速度によって生じるわけで、大気の(風力)動きが全くないと仮定したとしても、計算など小学校高学年でも簡単にできてしまいます。回折によって生じる振動数がすぐに求められる、ということですな。

まあ、びっくらこいたのは、肺の細胞が低周波に対して耐性を得ようとして細胞膜を強化してしまうって所ですな。これにて酸素摂取が現象してしまいます(笑)。

ましてや1Hzから10Hzくらいも平気で低周波分布しているわけですから、基本周波数となる振動に対して奇数次で表れる振動数を含むことを意味するんで、こうなると矩形の振動だって作られてしまうことだって容易に考えられるワケですな。

旧日本軍は、低周波を活用して人間の心臓を止めてしまう戦争兵器開発していたのはご存知でしょうか?それと同じ効果が弊害となって現れてしまいかねないのに、昨夜の報道の行政側というのは「耳」レベルでしか判断しようとしていない(笑)。

心拍なんてのは平気で外部からの強い衝撃で止まることもありますぜ(笑)。臓器不全でカリウム量増加して心拍停止!というケースとは別に。

その昔、YMO関連の書籍で「OMIYAGE」ってのが出版されていましたが、確かその中で細野晴臣御大は「MUZAK=ミューザック」という言葉を用いて低周波について述べていたことがあったと思います。私の記憶が正しければ。場合によっては器楽的なメリットや健康被害面の両方について軽く触れていたことがあったと思うんですが、まさにそれを思い出してしまったわけですね。

過去にも大阪ドームで観客がドタバタ拍に合わせてジャンプするもんだから、近隣地域に低周波発生させて迷惑かけるからと条例で防止されることになったこともありましたね。数年前くらいでしたか。この場合は空気中ではなく地盤を伝播する振動で起こっている事例ですけどね。

まあ、それにしても空気中を伝播する低周波で、平屋や2階建ての低層住宅ですら余裕で迷惑被っているってこたぁ、あの辺に高層マンションがあれば平気でユラユラ揺れるんでしょうな(笑)。実際に問題に直面されている方は絶対訴訟に持ち込むべきだと思いましたね、私は。

88鍵ピアノの最低音の波長の長さで1周期など7〜8メートルくらいの尺になるんじゃないでしょうかね。計算すりゃすぐ判るんですが。音頭によって音速は変動するんで一概には言えませんが、その変動を考慮に入れたって、波長がそのピアノの音よりも5〜7オクターブ低いところのオーダーの領域なんで、メチャクチャ波長が長いんですな。

つまり10メートル先のお隣さんの家では、たまたま波長の谷の部分になるというのは考えにくいんですな。数十メートル単位であれば、波長の谷に該当するような地域は勿論あるでしょうけどね。

低層住宅でも揺らすほど一様に分布している低周波。これを遮蔽するとなると大変でしょうな(笑)。被害者の家屋四方八方数メートル厚のコンクリで、内部には数センチ厚の鉛板でコンクリにも重い材質が必要でしょうな(笑)。こんなことしてた日にゃあ核シェルター作るようなモンになっちゃいます。もう、ガンマ線まで遮蔽しますよ!みたいな(笑)。

ここまで金かけられないと思うので、おそらく風力発電はストップでしょうな。こういう低周波が存在するからこそ、洋上で陸地から数十キロメートル離れた場所で風力発電設置など識者は提唱しているというのに(笑)。

さらにいえば昨日のテレビだと風力発電は反時計周りに動いておりましたが、交互に反時計回りと時計回りで動くようにするだけでも効果があるかもしれません。反時計回りじゃないと電力得られないんだよ、と言われりゃそれまでですが(笑)。中にはアスファルトに周期的な溝刻んでタイヤのロードノイズをメロディ化すること考えられる人だって居るのに、ことゼネコンやインフラ絡みのものとなると、こんなところ健忘の彼方になるってぇのが日本の行政の典型的な例ですな。

こういう悪しきものに関わった行政側の人間には資産差し押さえやら、永続的な給与の差し押さえとかの措置を執らないと、改善されても税金を使っていくだけという問題の先送りになるだけなんですな。

中には周辺の道路の騒音の逆相となる音をスピーカーで鳴らして相殺しようとしている地域があるにも関わらず。それにしても人間とは優秀であるのに愚かな面があるのは、実害を伴わずにデスクの上であーだこーだ考えているだけだからこういうことを生んでしまうんですな。70dBを超えるベースの最低音、常に鳴り続けてみたらベース弾く私ですら不快ですわ(笑)。

耳に聴こえないからと言って不整脈や心臓にだって影響及ぼしますぜ!

資源の少ない日本。エコを活用して旧日本軍の殺戮兵器に回帰する(笑)。無能な政治家や役人が通る道はやっぱり決まった道を通るものなのだなとあらためて痛感したワケであります。まあ生まれてきた以上、墓場への道は誰にでも用意されているんですけどね、健康な人をわざわざ病院送りにしたり埋葬された日にゃあたまったモンじゃないでしょう。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。