So-net無料ブログ作成
検索選択

Under the Influence [ネタバレ]

扨て、今回の増四度と減五度の違いやら、近親調やら転調感などについて色々述べて参りましたが、だいぶ噛み砕いて基本中の基本とやらを語ってきたので、だいぶ理解が進んだ方や胸のつかえが取れた方も多いのではないかと思います。ふりがなにまでルビを振るような、楽理的部分においてはこれ以上噛み砕くと液状化してしまうほどのレベルなので、ここでつまずく方は残念ですが何覚えても無理だと思います(笑)。まあ、とりあえずは高尾山の頂上くらいは目指していただきたいので、高尾山の頂はもうすぐソコですからね。ガマンしてくださいね、と(笑)。


aug4_dim5.jpgバルトークの用いるトライトーンの扱いは、いわばC調における「シ」と「ファ」を入れ替えてしまうようなモノ、と言いましたが、今回はそれを補足することにしましょうか。


バルトークのそれが、例えばハ長調のG7の出現後に「F#」に解決するのは、ポピュラー音楽においてDb7→Cという解決と「ほぼ」等しいモノだと考えても差し支えありません。

但し、これまで語っているようにハ長調においてG7の代理コードである「Db7」を用いてCに解決するとしても、実際には「ファ」と「シ」を入れ換えることのないまま、無意識に我々はG7とDb7が同じように使えてしまうかのようにポピュラーな音楽理論の初歩はそうやって教えてしまいます(笑)。


バルトーク流儀でDb7のトライトーンを転回せずにいれば、そのまま「Ges」(またはFis)に解決するコトと等しいワケです。「ファ」と「シ」を入れ替える「大いなる先取り」を学ぶにはどういう世界観が必要なのか!?というコトを述べていくことにしましょうか。


一般に、初歩的なモード奏法においては先のハ長調のコード進行において「Db7」を発生した時、このコード上で手っ取り早く「Dbミクソリディアン」を想起してしまうんですな。それまで五線譜においては変化記号の不要な世界において、突然フラットが6つも出現するような調を一時的に拝借してまで基のハ長調の姿を変える必要があるのだろうか!?


という風に考えると「大いなる先取り」という感覚をなんとなく理解できるかもしれません。


Db7上でDbミクソリディアンを想起するからと言っても、結局Cに解決すればイイだけのコトで、結果的にマクロレベルで見れば変化記号の要らない「白鍵」の音に加え、変ト長調の世界を呼び込んで全部混ぜれば「ほぼ」半音階を扱うように見えるかもしれませんが、コレだと「大いなる牽引力」というコトまでは理解できません。


そもそもDb7というコードが出現するのであるならば、基のハ長調の世界をなるべく変えずにDb7という和声を構成する音のみハ調から変化させれば最小限に済むのでありまして、わざわざDbミクソリディアンを想起する必要はないワケです。

ところが!・・・


「ド レ♭ ミ ファ ソ ラ♭ シ ド」


という音列が、いくら変化記号が極力少ない最小限の産物とはいえ、このような音列はチャーチ・モードにないし、扱いづらいやん!


と考えてしまう人もいるワケです(笑)。



セカンダリー・ドミナントという技法の名前を知らなくとも、この手の音を耳で覚えている人というのは、先ほどのように「Dbミクソリディアン」を想起するコトはフツーにラクなコトなんです。ある程度音楽に触れ合っている人なら幼少時の頃からこの手の感覚は体得しているコトでしょう。

つまり、今回語っている「先取り」というのは、音を先取りして鳴らしているのではなく、「想起しうる世界の暗示」のコトを意味するモノだということをご理解いただきたいんですな。


では、大半の人はなぜ変化記号が最小限で済む「ド レ♭ ミ ファ ソ ラ♭ シ ド」という世界を想起しないのでしょう?

それは、その音列が非チャーチ・モードであり、不慣れであるからとも言えるでしょう。また、「他調の拝借」という多くの「よくある」技法に耳が慣れてしまっているコトでハ長調の情感を一旦忘れても、同じモノをいつまでも食わされているよりも「異なる味覚」を食すかのように新鮮味を覚えている、という感覚があるともいえるかもしれません。少なくとも聴き手としてもいつでもCに戻って来て構わないんで、どんどん他調を拝借してもどうぞどうぞ!みたいな(笑)。


他調を拝借とはいえ、非チャーチ・モードまではそうそう及ぶことはないのが大半です。


しかしながら、「大いなる牽引力」というのは、大半の予想を裏切って最小限の変化記号で済むような非チャーチ・モードを「チラ見せ」するようなモノとお考えいただければ、と(笑)。チョット強引なポン引きに遭遇したけど

「えぇモン見さしてもらいましたわ♪」

となってくれれば良いのでありまして、解決する際に堂々と「そっちの世界」を見せられてしまうと今度は多くの人から文句言われるコトもあるでしょう(笑)。


あまり味わうコトのできない味のチラ見、みたいな感覚が「大いなる先取り」感覚と思ってもらえればよろしいかと(笑)。




因みに、先ほどの「ド レ♭ ミ ファ ソ ラ♭ シ ド」という音列は「Cハンガリアン」でありまして、ファから数えれば「Fハンガリアン・マイナー・スケール」の第五音のモードとも言えるでしょう。


つまり、コレまで左近治がなにゆえジプシー系の音階にアレコレ詳細に語っていた理由がココであらためてお判りになっていただけるかと思います。あまりに民族的な色彩が濃い音並びであっても、その発生はそれほど縁遠いモノではなく、むしろチャーチ・モードに耳を引っ張られるコトの無い情感から発生しうる音列なのだ、というコトをあらためて感じていただければ幸いかな、と(笑)。



ま、そんなハナシは扨置き、なにゆえ左近治は今回もまたジプシー系音階をこうして持ち込んで来たのか!?という所を語ってみたいと思うワケですが、その前にとりあえずは先述のハ長調における一連の進行中に「Db7」というG7の代理コードが現れた時の「初歩的なモード奏法」という弊害をもう一度語っておきましょうか。

単純なハナシ、F音とB音の三全音は平均律ならどう転回しようとも600セントなんだから、同じように使わせてもらいますよ!ってな威勢の良さだけじゃあ、そうそうコチラとしてもそういう態度には納得出来んのですわ(笑)。客人とて扱ってイイ客とそうでない客があるんだぞ、と(笑)。

Db7のトライトーンの場合、大概はDbミクソリディアン想起しているクセしてまあ確かに異名同音だからF音とB音は維持されているかもしれません。しかしDbミクソリディアンという世界はBb音を包含している世界を構築しているワケでして、「シ」を導音として扱ってCに解決したいのであれば、そのBb音というのはハ長調側の世界から見て「A#」とも見なしてイイのかよ!?というハナシになってきちゃうワケですよ。勿論コレはハ長調側の世界の変化を最小限で済ますための飛躍的な考えの側からのギモンですな。

そういうギモンの前に、そもそもDbミクソリディアンでは「導音」の扱いのスケール・ディグリーが違うワケで本当の意味でのG7との等価ではありません。「あたかも」同じようにして見せかけているだけのイミテーションの扱いを同等に扱っているワケですよ。


こういうジレンマを払拭するどころか、一気に包含しちゃう世界もありましてですね、Cに解決する際にその解決直前のコードがG7だろうがDb7だろうがどうでもイイ状態、但し、DbミクソリディアンとFハンガリアン・マイナー・スケールの第6音のモードを混在させるモードをミックスさせる、もはや酒で言えばチャンポン状態という世界もフツーに構築可能なワケです。


和声的に見れば「チャンポン状態」になる世界を露出狂のごとく平気で用いているのが左近治の和声の世界だと思ってもらっても構いません(笑)。そのチャンポン状態をもう少し上品に見れば、いわゆるフーガの世界というのは、本来想起し得る和声感とか調性は平気で超越していってしまう世界を構築していくモンなんですな。単一の和声からは得られない調性の状態でもあるワケです。


私が用いる世界で、便宜的に半音音程が幾つも羅列してしまう状態を和声的&音階として用いるシーンは、前述のようなDbミクソリディアンとFハンガリアン・マイナー・スケールの第6音のモードを混在させたようなモノの例のひとつとして捉えていただいても差し支えありません。つまり、同列で見た場合この場合は「Bb、B、C、Db」が混在する状況ですな。無論、どうあがいても「C音」というのはこの場合はどうやってもアヴォイドですので、左近治が用いているアヴォイドを使える状況にするにはヒネリが必要になってくるので、ココは誤解しないでいただきたいのでありますが、ヒントにはなり得るかな、と(笑)。

コメント(0) 
共通テーマ:音楽

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。