So-net無料ブログ作成
検索選択

私はシンセ [Apple]

 嘗て、「私はピアノ」という高田みづえの唄う曲がありましたが、それに触発されたワケでもなく、iPhoneアプリを語って見ようかと思います。

 実にシンプルなんですがiPhoneというのはマルチタッチ・ジェスチャーというUIを備え乍らも、iPadとは少々異なるというか、iPadだと小難しい作業にも向いていてMac寄り、いつかはノートブックに置き換わるモノと思っていますがiPhoneというのはもっとチープでシンプルな発想で作業したいと思う事が多々ありまして、それこそ昔流行ったDelay Lamaとか敢えてiPhoneで欲しかったりするモノです。
iamsynth0.jpg



 今回リリースされた「I am Synth」。こういうレトロ感のある8ビット・サウンドというのはピコピコ・サウンドとか形容されたりもしてYMCKのプラグインやらもあったりして、結構この手の物は特にサブカル系方面の方には需要があるようです。

iamsynth1.jpg
 Mac本体のみでDAWという環境下であれば何もこの手の物に敢えて食い付いた所で面白味に欠けるワケですが、iPhoneだからイイという事もありまして、この「I am Synth」の良い所は、手軽に音出し、それも楽器の様に振る舞わせるのではなくてどちらかというと音効的な使い方にとてもよろしいと思えまして、実際に波形を読み込んでみても結構色艶のある原波形でしてなかなかイケそうです。

 難しい解説抜きに今回は画像を用意しましたが、オシレーター、フィルター、LFOやらその辺のパラメータは弄り乍らであれば解説する必要もなくお判りになるかと思うんで、その他の敢えて判りにくそうな所に解説を付けてみました。

 リボン・コントローラー・モードというのが曲者で、なかなかコイツのエグいポルタメントは非常によく出来ておりまして(笑)、ハチャメチャとスワイプし乍ら弄り倒してあげた方がコイツの本性をムキ出しにしてあげられるのではないかと信じてやみません(笑)。

iamsynth_kaisetsu.jpg

 今回Macに取り込んでデモを作ってみましたが、iamsynthの波形は矩形波を選択してサンプラー(Kontakt)に取り込んで作ってみました。

最初の4小節・・・I am Synthのみ
次の4小節・・・I am SynthにBusアサインIRリバーブ + Ultrabeat
次の4小節・・・I am SynthにBusアサインIRリバーブ + Ultrabeat + iMaschine + その他オリジナル・サンプル(Kontakt)
繰り返し

というサンプルを用意してみました。


 因みに、「I am Synth」のリボン・コントローラー・モードにするとどういう風な音を楽しむ事ができるのか!?というのが次のサンプルです。原波形の周波数レンジは広く、非常に「立つ」音でクオリティは高いと思います。直流ノイズもかなり抑えられていて安価なのに細部までよく出来ていると思います。


 今回はイレギュラーなiPhoneアプリのネタを速報でお送りしました。珍しく手短かです(笑)。
 

共通テーマ:音楽

Facebook コメント