So-net無料ブログ作成

夏場にグッタリ [YMO関連]

私は「夏」という季節は好きなんですが、ヒューメディティーな空気にはトコトン弱いのでついついグッタリしてしまうワケでありまして、コレが音楽制作にはとっても芳しくない状況を生んでしまうというワケであります(笑)。

続きを読む


コメント(0) 

バタ臭いシンベを求めて [DAW]

夏休みに入り、DAW制作に勤しんでいる学生さんも多いと思います。ましてや秋の学祭も控え最近のDAW関連ソフトの大廉売となれば、この機会を活かして思う存分音楽制作に励む!といわんばかりの絶好のタイミングでもありましょう。

続きを読む


コメント(0) 

sus4の続き [楽理]

扨て、今回は文章ばかりじゃアレなんでサンプルを用意することにしました。

続きを読む


コメント(0) 

sus4は音楽の塩梅 [楽理]

かつて新婚時代というのもありましてですね、子供の作り方は一丁前に知ってはいても子育てやら料理を熟知しているワケでもないふたりが結婚するなんてぇのはよ~くあるコトでして、それこそ私も実に興味深い料理を目の当たりにしたことがあったモンですわ(笑)。

続きを読む


コメント(0) 

音の世界の彷徨い [楽理]

ジプシーの音階こそが「特殊な」モードとしての音の世界観の入り口でもあると述べたかったのが前回のブログだったワケでありますが、音列的に見れば全く似ても似つかぬメロディック・マイナーと比較しても、その音列から生じるダイアトニック・コードという「垂直レベル」の和声で見た場合は、ジプシーの音階から生じるダイアトニック・コードと似た世界観(または共通する和声)を見出すコトも可能でありまして、これを私は好意的な「拡大解釈」という風に表現しております。

続きを読む


コメント(0) 

嗚呼、美しきジプシー音階たちよ [楽理]

さ~て、そろそろ過去のブログと整合性を保つ意味でも語っておかなくてはならないコトがありましてですね、それがジプシー音階であります。

続きを読む


コメント(0) 

便宜的なコード表記を許容する [サウンド解析]

まあしかしアレですね。これまで左近治はいくつかの少々一般的ではないモード・スケールやらそれらのダイアトニック・コードを列挙して説明してきたワケでありますが、ドコの馬の骨が語っているか判らない一般的でもないような楽理解説なんて眉唾になってしまっている人も中にはいらっしゃるとは思うんですよ(笑)。

続きを読む


コメント(0) 

その後DAWよ? [DAW]

暑がり左近治が最も苦手なシーズン真っ只中なのでありまして、制作状況は非常に芳しくないのは今に始まったコトではないのでありますが、若い頃など四六時中エアコンに当たってもそれでも足りぬ!といわんばかりに冷え冷えモードを好んでいたモンでしたが、トシ取るとカラダがソレを拒絶してしまうようになるのか、あんまり欲しがらなくなってしまうんですな、悲しいコトに(笑)。

続きを読む


コメント(0) 

こんなに近い所に存在しちゃうんですよ [サウンド解析]

扨て、前回のブログでは「左近治は一体何を語りたかったのか?」と疑問を抱いた方もいらっしゃったのではないかと思います(笑)。あれらの曲にどういう共通項を見出せばいいのかなかなか判らない方もいらっしゃるとは思います。

続きを読む


コメント(0) 

共通項 [サウンド解析]



ココん所左近治は歯痛に苦悩していたため、ブログ更新すらままならぬ状況が続いておりました。

続きを読む


コメント(0) 

対自核 [プログレ]

LAY.jpg7月と言えば私の脳裏をよぎるのはコレ。

ユーライア・ヒープのアルバム「対自核」収録の「July Morning」なのでありますな(笑)。

続きを読む


コメント(0)