So-net無料ブログ作成
検索選択

下方倍音列から見えるモノ [楽理]

 杓子定規に理解されても困るので、タイトルは「見える」ではなく「聴こえる」にしないと誤解を招いてしまうのでしょうか?「ケーブルわらって!」と言われて片付けることに躊躇するのならまだしも、今の世の中イディオムすら忌避されかねませんからね(笑)。

 下方倍音列はそれそのものが鳴るワケではないです(笑)。だからオカルトだと!?馬鹿は休み休み言えってモンですわ(笑)。


続きを読む



共通テーマ:音楽

短和音の下方への脈絡 [楽理]

 扨て前回の続きとなりますが、短和音というモノの5th音に対してなぜ基準を設けなくてはならないのか!?というコトを詳悉に語って行こうと思います。嘗ては短和音の下方の牽引力という物を求める事に対して大きな前説はないまま短和音の五度音への基準を語っていたかと思うんですが、意外と知らない人が多いのかもしれないというコトから配慮して今一度詳しく語るコトにしてみたんですな。因みに長和音についてはそれ自体が安定的な形ですのでそれについては後でほんの少しだけ語っておきます(笑)。


続きを読む



共通テーマ:音楽

ハイパーな和声の続き [楽理]

 扨て、先の回(前々回のブログ記事)では「D△/Csus4 (on F)」という、少々見慣れないタイプの和声について語っておりましたが、まあそれはエレクトラ・コードっぽい音ではあるものの実はそれとは全く違う性格を持つハイパーな和声として取り上げていたワケでありまして今回はその和声の取り扱いについて今一度語ってみようかと思います。


続きを読む



共通テーマ:音楽

CD販売のオモテとウラ [クロスオーバー]

 CDが売れなくなったと言われるようになって久しいものです。とはいえそれまでがバブルだったのだろうと私は見込んでおりますが、私自身は音楽を聴くメディアとしては、レコード、CD、SACDなど特に頓着していないため耳にふれあう機会さえあるのなら、高音質が維持されていれば充分満足しているユーザーのひとり。


続きを読む



共通テーマ:音楽

マイナー・コード上における六度の取り扱い [楽理]

 扨て、ツイッターでも呟いておりました件。今回はマイナー・コードにおける♭6th音と13th音(=ナチュラル13th)の取り扱いを語って行こうと思うワケで、久々にサンプル曲も用意しているので伝わりやすいのではないかと思っております。


続きを読む



共通テーマ:音楽

2011年新譜 私的ベストラインナップ [回想日記]

 扨て、今年もこういう話題の季節がやって参りました。まぁどーせ夜郎自大な左近治の戯れ言にわざわざお付き合いいただかなくともとは重々承知なんですが、まあお暇でしたらお読みになっていただければな、と(笑)。


続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:音楽

左見右見して横断歩道を渡りませう [クダ巻き]

 音楽の構造を紐解こうとすると、それまでの過程において色んな横顔を知るコトが出来るから興味深い所です。どんなにシンプルな構成の曲であろうと練りに練った大作であろうと、音楽的な構造を読み取るための、それを紐解くツールはそう多くはありませんし共通する所から解を得ているワケであります。

 長い距離を歩かざるを得なくとも最初の一歩の積み重ねがゴールに繋がるワケであります。くつろぎの場所に辿り着くには苦労が伴うという寓意かもしれません。

続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:音楽

地中海の向こうに [楽理]

 新年あけましておめでとうございます。今年も亦この冗長ブログ、なかなか捗る事無く話を進めて行きますので読み手の多くの方は苦々しく忸怩たる思いを抱きながらお付き合いいただくコトは間違いないと思いますのでご容赦を(笑)。まあドMで底意地rotten to the coreで骨の髄まで出汁取ったら灰汁にしかならない左近治ではありますが、そんな私が楽理的な話をチョイとばかし進めて重要な事を述べようとするワケですが、ふと振り返るとそーゆー話題を振ってからもはや1年程経過してしまうという、これまた光陰矢の如しという言葉を実感してしまうのであります(笑)。ま、肩の力を抜いてハナクソほじりながら判るようなカタチで大事なハナシを進めて行くことが出来ればな、と思いますので楽理ネタを今年も楽しんでいただきたいと思います。


続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:音楽