So-net無料ブログ作成
検索選択

ロンドン五輪開会式にマイク・オールドフィールドが [プログレ]

 マイク・オールドフィールドの姿がありましたねー。エクソシストのテーマが余りにも有名すぎるため、アルバム「チューブラー・ベルズ」のイメージだけが「今もなお」色濃いとは思うんですが、実はカンタベリー・シーンに括られているのもあまり知られていなかったりもします。今回は音楽的なお堅いハナシは抜きにして、ほんの少しだけ興味深くレコメンド出来ればよろしいのではないかと思いハナシを進めるコトに。


続きを読む



共通テーマ:音楽

異端な音 [楽理]

 ロンドン五輪開会式に沸く中で私は溜め込んでいた記事をアップしなくてはならず、少々世間様とはズレた内容をブログで展開するコトになってしまっているワケですが(笑)、今回は和声的に「異端な」方面を明示的に挙げてみたいと思いましてどうしてもそっち方面を語りたいものでしてご容赦願いたいと思わんばかりです。


続きを読む



共通テーマ:音楽

アコベでスラップ [クロスオーバー]

 「何言うてはりまんの?」とまあ、こんな声が聴こえてきそうですが、今回はAORの話題をと思ってこーゆー記事タイトルにしちまったワケなんですが、それにしても何故アコベなのか!?と、私の意図が全く判らない方が多いとは思いますので、その辺りを追々語って行く上でAORの話題が必要になってくるのであります(笑)。


続きを読む



共通テーマ:音楽

5連符についての続編 [クロスオーバー]

 本当は5連符について語る予定は無かったのでありますが、2012年7月29日テレビ朝日放送予定の「題名のない音楽会」において、仙波清彦&則竹裕之に依るパーカッション特集だというのでツイッターの方で呟いた事を再編集して本記事にしております。なおこのブログ記事リリース時点では先の題名のない音楽会の放送前なのでご了承ください。


続きを読む



共通テーマ:音楽

ジョージ・ラッセル/リディアン・クロマティック・コンセプトについて [楽理]

 私は率直に言ってリディアン・クロマティック・コンセプトは批判的な側に居るモノです。「どーせ、濱瀬元彦氏がそっちのポジションだから倣ってるだけじゃねーの?」などと仰る方もいるかもしれませんが、私は濱瀬氏のソフトな批判よりももっと批判的なポジションに位置しているかもしれません(笑)。但し、他では見受けられないような混合された音階を生んだのは面白い発想だと思いますし、結果的には調性の嘯きを「さらに嘯く」という、素材が判らぬほどの加工品としての姿に変容させるという意味では、動機に乏しい者からすれば非常に扱いやすい脈絡を得る理論だと、その辺りはきちんと整理して評価しつつ批判をしたいと思います。横浜駅西口から横浜駅東口行くのにタクシー使う様な物がリディアン・クロマティック・コンセプトだと私は思っております(笑)。


続きを読む



共通テーマ:音楽

六極応答 [楽理]

 扨て今回はタイトル通りの話題に邁進することにしますが、そもそも「六極」も「応答」すらも意図が全く掴めないという人も居るとは思います。とりあえずは音楽的なコトでありまして結構重要な事を述べるつもりです(笑)。まあ、そんなワケでこういう聞き慣れない言葉に少々馴染んでもらおうかと思います。


続きを読む



共通テーマ:音楽

混合長旋法とは [楽理]

 混合長音階やら呼び名は色々見るかと思いますが、まあ、今回はこういうテーマで語って見ようかと思うのですが、嘗ては「無窮動」というタイトルを付けて語ったこともありますが、エドモン・コステールも分類していたりするもので、リムスキー=コルサコフなどでも知り得たりすることでありましょう。


続きを読む



共通テーマ:音楽

ジェントル・ジャイアント/Black Catに見る多調的空間 [プログレ]

acquiringthetaste.jpg 扨て今回はジェントル・ジャイアント(=以下GG)の初期作品「Acquiring The Taste」収録の「Black Cat」の理論的考察であります。敢えてこの作品を今になって取り上げるのは、私の語る理論方面での順序に沿ったモノでして(笑)、初期作品だからといって早々とコチラを語ってしまうのは非常に勿体無い作品でもあると思うので、あらためてこうして語ることが出来る喜びを実感しております(笑)。



続きを読む


タグ:音楽理論

共通テーマ:音楽

減四度とは? [楽理]

 何も難しく考える必要なかろうに…と思う人も居るでしょう。「減四度」とは見かけは長三度音程幅と等しいのであり、フレット楽器で見るならば「4フレット分」という音程のコトです。その音程、なにゆえ長三度ではなく減四度なのか!?というコトを掘り下げてみる必要があるかな、と思いまして今回はそうした話題を語る事に。


続きを読む



共通テーマ:音楽

ポリフォニック・ポルタメントの逡巡 [プログレ]

b2unitskmt.jpg 嘗て、坂本龍一のソロアルバムB-2 UNIT収録の名曲「riot in Lagos」について語っていることがありまして、Aメロのそれはバイトーナルだという事を述べておりましたが、これについては少々加筆が必要かもしれないと思いあらためて今回述べることにしました。


続きを読む



共通テーマ:音楽