So-net無料ブログ作成

ジョージ・デュークのソロ・アプローチに学ぶ [楽理]

 今回は、ジョージ・デュークのソロ・アルバム「Save The Country」収録の「アルカトラズ」は興味深いアプローチがあるのでそれを取り上げる事にしますが、この曲にはジェイ・グレイドンも参加していてエレクトリック・ギターを聴かせてくれるワケですが、曲中盤ではDマイナー一発系のギター・ソロが繰り広げられて来るのですが、ジェイ・グレイドンがギター・ソロ中に下行形のクロマチック・アプローチの音形を半音ずらし乍ら繰り返す所がありまして、このフレーズ後には呼応するかのように、ジョージ・デュークは本来はDマイナー・キーであるトニック・マイナーのアプローチに加えて、半音をぶつけて来るかのようなバイトーナルなアプローチを随所に見せてきます。
0SaveTheCountry.jpg



続きを読む



共通テーマ:音楽

枯れたる骨(不毛なオッサ)から学ぶもの [楽理]

 扨て、今回は近親的な調性への情感を一時拝借するかのような、元の調性では得られない調性外の音を巧みに使う例を挙げ乍ら、そうした調性外の音への魅力を原点から見つめてみるのも面白いのではないか!?という視点に立って語って行こうと思います。



続きを読む



共通テーマ:音楽

ブルースな音の起源とは [楽理]

 私のブログでは高い頻度で和声面の先鋭的な部分やらを扱って来ておりますが、ブルーノートの起源や由来については語って来ていない所にはいくつかの理由があります。


続きを読む



共通テーマ:音楽

遅延でスポイルされる音 [サウンド解析]

 扨て、今回はスラップ・ディレイ(=ショート・ディレイ)を例に挙げ乍ら、それに伴う音のスポイルという実際を語って行こうと思います。


続きを読む



共通テーマ:音楽

定点観測が伝える客観的事実 [回想日記]

 坂本龍一に依る「スコラ 音楽の学校」が2013年に入り再び始まるコトになり、私自身この番組の趣旨が好きでこれまでも欠かさず録画してきたワケですが、どの回にも言える事なんですが、受講生の側に居る人は学ぶ事が多過ぎるが故に素直な表現が制限されている事に気付かず結果的に自己顕示欲の方を主張したいがために表現する音が歪曲してしまっているコトへの逡巡が見られ、自身の欲求の高まりから来る表現と未知の領域への葛藤が足枷になっている部分が顕著に表れていて、そうした受講生をある程度分類・体系できているという教育者としての側面も伺い知る事ができるモノでして、あらためて教育的な側面を実感するのでありますね。


続きを読む



共通テーマ:音楽

チック・コリアに見るドゥアモル和音と多調和音 [楽理]

 扨て、今回はツイッターでも呟いていた様にドゥアモル・コード(=dur-moll chords)について語る事とします。


続きを読む



共通テーマ:音楽

太陽と戦慄パート3の符割 [プログレ]

 そういえば、チョコチョコと8bit系の音でプログレ関連の作品を細々とリリースしている私でありますが、その辺りの事も語っておくコトに。


続きを読む



共通テーマ:音楽

木を見て森を見ず [たわごと♪]

 前回のデモ曲に於いて、最初の4小節に注力したと述べている事について今回はスポットライトを当てる事にしますが、「注力」という言葉の意味についてあらためて述べますと、その注力というのは自己顕示欲のアピールという側面とは全くの別物で、ポピュラー音楽の類では通常用いないであろうというコード進行の形式を忍ばせたモノでありまして、そうした部分をもっとも重要視してもらいたいという理由がある「注力」なのであります。


続きを読む



共通テーマ:音楽

トコトン徒にこねくり回します [飛び道具]

 新年あけましておめでとうございます。今年も楽理的&器楽的な方面の話題を悉く語って行く予定ですのでお付き合いの程宜しくお願い致します。


続きを読む



共通テーマ:音楽