So-net無料ブログ作成
検索選択

ジョージ・デュークのソロ・アプローチに学ぶ [楽理]

 今回は、ジョージ・デュークのソロ・アルバム「Save The Country」収録の「アルカトラズ」は興味深いアプローチがあるのでそれを取り上げる事にしますが、この曲にはジェイ・グレイドンも参加していてエレクトリック・ギターを聴かせてくれるワケですが、曲中盤ではDマイナー一発系のギター・ソロが繰り広げられて来るのですが、ジェイ・グレイドンがギター・ソロ中に下行形のクロマチック・アプローチの音形を半音ずらし乍ら繰り返す所がありまして、このフレーズ後には呼応するかのように、ジョージ・デュークは本来はDマイナー・キーであるトニック・マイナーのアプローチに加えて、半音をぶつけて来るかのようなバイトーナルなアプローチを随所に見せてきます。
0SaveTheCountry.jpg



続きを読む



共通テーマ:音楽