So-net無料ブログ作成
検索選択

平仄の符合 [楽理]

 扨て、前回までは中心軸システムを例に挙げ乍らペンタトニックの種類の在り方、チェレプニン音階の組成の在り方、それと調性の在り方という風に順序立てて語ったワケですが、チェレプニン音階が包含している増三和音の「骨格」。これに伴う応用的な部分はこれまで予々語って来ている事なのであらためて語る事は致しません。いずれにしても普段私のブログをお読みになられている方が、よもや左近治が調性を語るとは思いにもよらなんだ、と思われている方も多いかと思います(笑)。


続きを読む



共通テーマ:音楽