So-net無料ブログ作成

他人に尻を拭わせるのは寝たきりになってから [楽理]

 今回私は大層ご立腹でありまして(笑)、久々に夜更かしをしてモヤモヤを吹き飛ばす為にこうしてブログを書き連ねるのでありますが、まあオヤジの単なるボヤキと思っていただいても構いませんし、それ以前に「左近治って、いっつも怒ってんじゃねーの!?」なんて思われているかもしれません(笑)。


続きを読む



共通テーマ:音楽

レコードからCDの変遷の蔭にて [楽理]

 扨て、レコメン系を現今に於て話題にするのであれば、2013年、殆どのリスナーの音楽の聴き方はCDが主体、もっと若い世代であれば配信物が最初に遭遇する録音メディアであるかもしれないという時代で、ヘンリー・カウというバンドを取扱うのであるのですが、何故そこまで回りくどい語り方をするのか!?という処も兼ねて、楽音の均斉化となる部分も語って行こうと思うばかり。蝋管ユーザーも見捨てんな!との怒号も聴こえてくるのは天界の方からでありましょうか!?(笑)。


続きを読む



共通テーマ:音楽

英国音楽とは!? [楽理]

 プログレというジャンルに限って音楽を語っても、英国は中心に来るのでありますが、これは英国社会が政府から民衆にまで音楽という「芸術」を行き亘らせると同時に並々ならぬ愛情の念を注いでいるが故の事でもありますが、英国国民が総じて「芸術的」な観点で都度その時代の音楽を捉えているかというとそれは違うと言えるでしょう。


続きを読む



共通テーマ:音楽

服従と誤謬の間 [プログレ]

 扨て、今回もプログレ三昧3に向けての個人的希望的観測を含めた内容にて繰り広げて参りたいと思うのでありますが、これ迄の2回のプログレ三昧で圧倒的に少なかったのは、レコメン系の楽曲であるのは、プログレ・ファンの方なら、先の私が語っていたクリムゾンの「Red」と同様亦はそれ以上に痛感していた事なのではないかと信じてやみません。


続きを読む



共通テーマ:音楽

酒井健治作品「White Out」を聴いて [サウンド解析]

 漸くこの話題を語る事が出来て安堵しております。これまでに私のブログ上に於て微分音に関する幾つかの記事を披露したことがありましたが、少なくとも2013年に入り其の手の話題にした背景は、酒井健治という現代音樂作曲家を取り上げたかった事に起因していたのであります。


続きを読む



共通テーマ:音楽

NHK-FMプログレ三昧3への期待 [楽理]

 来る2013年9月23日に、表題にある通りNHK-FMで3度目となる「プログレ三昧 3」が放送される事が決定したというアナウンスを聞き付け俄にほくそ笑む左近治なのであります。今回は放送前1ヶ月以上も前の時点に於ける、本放送に向けての希望的観測を含めた雑感を放送日迄に不定期乍ら数回ほど語っていく事にしようと思います。


続きを読む



共通テーマ:音楽

微分音社会への基礎的理解 [楽理]

 扨て、これ迄私のブログでは幾度か微分音について語って来ておりますが、今一度、微分音を使うための社会的な「秩序」のような物をあらためて理解するための話題として語って行く事に。


続きを読む



共通テーマ:音楽

2013年 岩波書店創業100周年 [楽理]

 2013年8月5日、この日の百年前に岩波書店は創業されたとの事。實に御目出度い事であると同時に、学徒期からお世話になった数々の書籍類には今更乍らあらためて感謝する事しきりであります。これからの100年、文学がどのように變化していくのか興味深いことではありますが、そんな事を考えるのは戒名を貰った時にでもあらためて俯瞰するコトにしましょうか(笑)。


続きを読む



共通テーマ:音楽