So-net無料ブログ作成

『習作II』/カールハインツ・シュトックハウゼンの音律 [楽理]

 2014年に入りNHKのEテレでは坂本龍一に依るschola音楽の学校「電子音楽」編が新たにスタートした事は記憶に新しい處ですが、このブログ記事の投稿時点では2回の放送を終えた處であります。そこで気付いた事を少し語ることに。


続きを読む



共通テーマ:音楽

音のパレイドリア [楽理]

 倍音列で高次な方向に耳を傾けるとあらためてその音竝びの複雑さを感じ取る事が出来るのですが、文章だけで考えると更に難しい音の脈であるのは推察に及ぶ事でありましょう。處が、そんな複雑且つ広い「相」の空間とやらを単純に「縮小」して見渡してしまうのが「減五度変換」という見渡し《つまり是は半オクターヴという見渡し》で半音階的情緒を連れて来ようとするものであります。減五度というのは先の例で言えばハ長調におけるfis音の出現を意味することでありまして、完全五度音程という共鳴の姿を減五度変換するとどうしてメリットがあるのか!?そこに先ず興味を向けて欲しいのです。


続きを読む



共通テーマ:音楽

ヘプタトニック跳越の欲求 [楽理]

 注目すべきは、所謂8つ目の階名として生ずる長音階の半オクターヴ部の音《ハ長調ならばfis音への脈》は、属調の導音であるため近親的な音ではあるのです。この音を近親的な調性を利用して使うならば、fis音の脈は仰々しく使えるでしょうが、五度音程の協和的な共鳴の累乗で発展可能なその後の調性外の音というのは實は近い様で遠い脈でもあります。それは最も近しい隣接する調域であるfis音があまりに存在感を強くしているのでその後の脈が稀薄になるのと同様です。


続きを読む



共通テーマ:音楽

六度音程という《方角》の指すものは!? [楽理]

 先の青島広志著『究極の楽典』で述べられている事。つまり、協和音に解決する為の不協和音はドミナントという役割になるというのは、不協和が協和的に安定&解決したいが為の動きが「勾配」として表れて弾みを得ているのである事を述べているのです。著書の隠喩の先には、その不協和音の体が必ずしもドミナント7thコードという属七系の体でなくとも不協和音が解決するというドミナント機能は属七系の和音でなくともそれが現われるという事を意味しているのです。


続きを読む



共通テーマ:音楽

調的勾配とは [楽理]

 「調的勾配」とやらを視覚化すれば能く判ると思うので、あらためて次のex.2の様に示すとします。
ex2Circlicchouteki_koubai.jpg



続きを読む



共通テーマ:音楽

音程が見せる”轍”《わだち》という位相 [楽理]

 扨て、茲最近私が用いて来た表現に「オクターヴの位相」という物があるのは記憶に新しいかと思うのですが、實はこの「位相」という表現は、今道友信著『美の位相と藝術』に触発を受けて呼んでいる呼称です。


続きを読む



共通テーマ:音楽

2013年度私的書籍ランキング [楽理]

 扨て、前回は数少ないアルバムを列挙して語っていたのでありますが、前回の記事で強調しておきたかった表現というのは實は、井上陽水の「氷の世界」の世界観を引き合いに出した表現だったのでありまして、その辺の事を語りつつ「書籍」という方面を語って行こうと思います。


続きを読む



共通テーマ:音楽

2013年私的音楽アルバムランキング [楽理]

 扨て、早いもので今年もこのようなランキングの季節がやって参りました。


続きを読む



共通テーマ:音楽