So-net無料ブログ作成
検索選択

属七提要 柒 〈基底和音に見るオクターヴ・レンジ〉 [楽理]

 扨て、引き続き分数コードの実例を引き合いに出し乍ら「基底和音」の在り方というのを語ってみようかと思います。


続きを読む



共通テーマ:音楽

属七提要 陸 〈基底音および基底和音〉 [楽理]

 扨て今回は、アーサー・イーグルフィールド・ハルが述べていた「Generator」という基底音に着目して、現今のジャズ/ポピュラー和声体系の現実と照らし合わせる事に加え、茲数年蔓延ってしまっている「7sus4 (9)」系の表記の陥穽という点に非難しておかなければならない事と併せてその理由も並記しておく事に。

続きを読む



共通テーマ:音楽

純正律と純正調の違いとは!? [楽理]

 扨て今回は、純正音程に対してあらためて誤解を抱く事が無く話を進めて行きたい事もあり、ブログタイトルにある様に、純正律と純正調の違いを把握しておく必要があります。処が、界隈に依ってはこれらの言葉を同じ意味で語っていたり、一方では使い分けていたりとする所があります。とはいえ、両者のそれは皮相的理解に陥らなければ、「純正ナンタラ」をどの様に語ろうとしているのか!?という差異は必ずしや理解できるものであるのですが、自転車を一旦漕ぎ始めると、止まる事や一寸のスロープすら忌避して滞り無く操作したくなるのと似た様なモノで、一つの理解にて文章を読み進めたいという人や、それらの言葉を厳密に使い分ける事を是とする方々も多く存在するのも確かで、それらのほんの一寸の信念対立が高じて不毛な議論を招いたりもするものです。


続きを読む



共通テーマ:音楽

エドモン・コステールの自家撞着 『和声の変貌』の批判 [楽理]

 エドモン・コステール著『和声の変貌』は、音が持つ「親和性」という物を数値化し尺度化されている物であり、各人の器楽的偏向を極力排除した上で音の「親和性」というのを見付け出す事が出来るという非常に高く評価したい点があるのでありますが、しかし、この親和性とやらは上方に存在する倍音列に対して過剰に慫慂する嫌いがあり、都合よく解釈を「均して」みたり、または特定の倍音には頓着せずに語ってみたりと、撞着する点が幾つも見受けられる点が非常に残念な處であり、特にその中でもヒンデミットを批判している点などは腑に落ちない處もあったりするので、辛辣な私があらためて『和声の変貌』を批判するとどうなるか!?という部分だけでも注目してお読みいただければ是幸いと思います。


続きを読む



共通テーマ:音楽

属七提要 伍 Relative, Supposition and Generator [楽理]

 扨て今回は属七提要シリーズであるのですが、副題には少々聞き慣れない語句が竝んでいると思います。それらは総じて音楽用語としての語句であるのですが、ある程度音楽に触れて居られる人も頻繁に遭遇する事は少ないのではないかと思います。つまりは、馴染みの薄い言葉である事には間違いないのでありますが、重要なヒントが隠されている言葉でもあるのでこの機会に語っておく事にしたのであります。


続きを読む



共通テーマ:音楽

属七提要 肆 [楽理]

 扨て久方ぶりのブログ更新となる譯であり、今回は前回のブログ記事の流れに沿って「滲み」を語るのでありますが、その「滲み」とやらが意図しているのは微分音的な空間の事も含めての事だったのは言うまでもありません。


続きを読む



共通テーマ:音楽