So-net無料ブログ作成

一義性と多義性の岐路 [楽理]

 扨て前回のエンハーモニック・トランスフォーメーションを載せた譜例はG7の構成音であるd音とf音を敢えて「c##(Cダブル・シャープ)、e#」という風にさせて、そこからg音はf#音への勾配、c##はd#へと勾配がつき、e#はf#に勾配が付いている、という事が判るものなのです。つまりそれはG7→Cではなく、G7→Bなのでありますね。
imeidouongishuushi.jpg




続きを読む



共通テーマ:音楽