So-net無料ブログ作成
検索選択
テレビ関連 ブログトップ
前の10件 | -

ラゾーナバーゲン2014夏CMの微分音 [テレビ関連]

 CMを見ていると、私がついつい目と耳を傾けてしまうのが、ラゾーナ川崎の2014夏シーズンバーゲンのCMなのでありまして、コレがまた細部に亙って実に興味深い点が満載なのでブログで語ることにしたという訳であります。


続きを読む


序破急を心得よ [テレビ関連]

ff1.jpg 見ているだけでもボーッとしてしまいついつい見入ってしまう幻惑性の高いビジュアル・エフェクトであるFlowFazerは、嘗てトッド・ラングレン率いる連中がMacで動作するスクリーン・セーバとしてリリースされていたモノであり、丁度System7に移行する辺りの時代ですので結構昔のコトなのですが、私も過去のブログ記事でFlowFazerのiOS版が出ないモノかとこぼしていたら、いつの間にかリリースされていたんですね。コレはとても驚きでした。


続きを読む


テレビCMのチカラ [テレビ関連]

先の震災から早いものでもう2週間以上が経過しました。被災されなかった人でも通勤・通学やら普段の生活に支障を来した方は多いのではないかと思いまして、私の周囲にも普段歩き慣れない人が電車にも乗れずにタクシーもつかまえられず疲弊しきっていた方もおりました。こういう時期ですので言葉を選びつつ語らなくてはいけない左近治ブログなのでありますが、普段から斜に構えたスタンスであるが故に、こういう時期となると一層の配慮が必要となりますのでついつい更新が遅くなってしまうのであります。

続きを読む


コメント(0) 

その和音、ホントに実像ですか!? (2) [テレビ関連]

そもそも、三度累積を繰り返せばいずれはどんな和音も属和音を包含してしまうというジレンマに陥る理由として、「平均律」というモノを手にしたからであります。

続きを読む


コメント(0) 

キングパワー (3) [テレビ関連]

長三和音を構成する各音の半音下に同様の長三和音を配置する。

続きを読む


コメント(0) 

キングパワー (2) [テレビ関連]

そんなCM知らない人の方が今では多いかもしれません。なにせ、私の古い記憶を遡ってみてもおおよそ35年前を想起してしまうワケですから、昭和50年代以降に生まれている人ならそんなCMまず見たコトないかもしれませんし、そんなCM曲聴いたコトないかもしれません。家庭用VTRだってまだ市場に出回っていないのではないでしょうか(笑)。

続きを読む


コメント(0) 

キングパワー [テレビ関連]

まあ、前回までに言いたかったコトというのは結局、通常の音世界でのトニック・コードで七声(十三の和声)の13thまでを最高の度数とする三度累積の和音を構築しようとしても、本来示唆すべき調性を向かないのは、倍音列基準と合致しないからというコトなんですね。

続きを読む


コメント(0) 

スコラ 音楽の学校 坂本龍一 [テレビ関連]

扨て、今回はTVコンテンツの話題になりますが、私左近治が注目するコンテンツがございまして、それがNHK総合で来る4月3日から放送される「スコラ 音楽の学校」という番組なのであります。

続きを読む


タグ:坂本龍一 NHK
コメント(0) 

カラダのキモチ [テレビ関連]

3月15日放送のTBSの「カラダのキモチ」をご覧になられた方はいらっしゃるでしょうか。音楽やる人なら誰もが興味を抱くであろう耳の音の聴こえ方というのをテーマにやっていたのでありますが、これまで左近治が耳について語ってきていたこともありまして、間違ったこと書いてなくてお買ったとホッと一安心でもありますが(笑)、あーゆーのを見て興味抱いて医学的・科学的側面でも知るというのは必要なのではないかと思うんですな。

ただ、いかんせん日曜日午前7時というのは、若い人で、しかも音楽にドップリ浸かっている人だと起きていない可能性も高いのではありますが(笑)、基本的には夜や寒い時期というのは音の聴こえ方はよろしいものの、それを優先するあまりに生活がおざなりになってしまっては健康面においてもよろしくありません(笑)。

特に高血圧など、血圧の変動でも音の聴こえ方は変わりますし、この辺きちんとケアしないとやたらとオーディオ・スペックにはこだわるクセして耳はいつの間にかヘッポコになっちまったぜ!ということを自覚できぬまま音楽を聴くことにもなりかねないので注意が必要ってぇこってす(笑)。

ハーモニクスだって低次の倍音ですら倍音によっては平均律と比較してもズレていることすら知らずにドンピシャで合わせてしまうような、先のブログでも語ったようなことこそが真理とばかりに間違った解釈のままチューニングしていたりとかですね、そーゆー人って結構多いので留意していただければな、と思わんばかりでありますよ、ハイ。

健常であればこそ誰もが知覚する音。楽音のそれだって皆等しく聴いている音なんですな。ピアノの音聴いて「オレにはベードラの音に聴こえる」なんて人はいないでしょうし(笑)、共通する感覚を備えつつ、共通理解の下で音楽というのを語っているワケでありますな。

楽譜なんていうのも音楽においては非常に重要な共通理解でありますが、ところが共通理解のために必要な読譜力を身に付けようとしないまま音楽を志すという人は結構多いものでありまして、「何でソコ吹っ飛ばすかな〜?」といつも疑問に感じてしまう左近治(笑)。

その辺スッ飛ばして理解しているにもかかわらず、やたらと名称や呼称にはこだわる輩が多いという悲しい事実もあったりしまして、その人を思えばこそ悲痛に映るワケでもありますが、場合よっては笑いの対象でもあるのかもしれません(笑)。

耳コピすらまともにできないのに楽理的な蘊蓄においてはやたらとスケールやらコードの名前にこだわってみたりとか(笑)、そーゆーことにこだわる前に音を体得するのが先であるはずなのに、一般的には聞き慣れないような呼称を用いることで、脆弱な自身のポジションを補強しようとするがあまりにそんなコトにこだわって大きく見せようとするのは愚の骨頂なんですな。アタマでっかちにならずに先ずは音を体得しろ、と左近治は言いたいだけなんですけどね(笑)。

音楽でメシ食うことを目指す前に身に付けるべきは、金を持たずともサバイバルで食っていけるような生活力だったりするかもしれません(笑)。どこ放り出されても食っていけるような、ね(笑)。

そのような弊害をも見落とす人たちに共通していることというのは、形骸化しているモノに対して寄生しているだけなので根幹を解っていないと。

オーディオ特性的には非常に偏っている歪んだ音のギターがなぜかカッコイイ、長髪にして粗暴に歌ってみようかとか(笑)、実は音楽とはかけ離れたファッションやそんな人達の容姿や振る舞いに心酔しているだけで、実は音には興味を示していないというリスナーだって大半なのが現実なワケですよね(笑)。

「見てくれ」にこだわるのは音覚えてからでも遅くはないので、音覚えることを優先させてほしいなーと思わんばかりであります(笑)。音楽の世界で語られる「楽音」とは別の言葉というのももっと後でイイんですけどね(笑)。
コメント(0) 

Show Tits! [テレビ関連]

blowxblow.jpg扨て、2009年2月20日金曜日には、BS-Hiで我らがジェフ・ベックのライヴ放送がありますね。クラプトンがゲストでDVD発売予定のあるモノですが。

一寸前ならベースはランディ・ホープ・テイラーだったのでありますが、今はすっかりサドウスキーのJBモドキを操る「ビーチク」少女のタル・ウィルケンフェルドに取って代われたようであります(笑)。

それで今回のタイトルは「Show Tits!」だったワケですな(笑)。

まあ、ジェフ・ベックなど名前はもちろん、音も顔も知らないようなその辺のエロ親父にも是非とも見ていただきたいTVコンテンツであります(笑)。

タル・ウィルケンフェルドのベースというと、結構音価を長目に取る非常に私の好きなタイプのベースでありまして、決して胸元に目ェ奪われているワケではありません(笑)。

PIE-ZOを弾かせたくなるほどの小さな手。日本のタレントに無理矢理形容するとしたらベッキーがはなわのジャズベ取り上げてブイブイ指弾きで弾いてるような(ポジション高いです)、それくらいベースがデカく見える人であります。

その彼女の運指に、とてもストレッチなど見かけることはないと思うんですが、そのデメリットやらをスムーズなポジション移動で補っているのか、ポジション移動に伴う音のキープという所に注力するので、非常に流麗な音運びなんですなぁ。ついつい惰性で弾いてしまって音を切ったりしてフレージングの色気として誤摩化すタイプのベーシストとは大違いです。ジャコは概ねペンタトニックのフレージングがリフでは多いものの、運指はストレッチだったりします、余談ですが。

もし彼女が指が太くて、特に中指のピッキング具合で自然なサチュレーションを得るようなタッチをする人だとリーランド・スクラーっぽい音になるんではないかなと思って聴いております。スクラー御大の場合はフレットの僅かなビビり音を効果的に活かしながらアンプのサチュレーションを得るキモを知っているタイプの人で、「チョイ歪み」感を歪みと感じさせない音の操り方が巧みな方でして、そういう出音部分はさることながら音価が似ているなぁと思ったワケです。

左近治の個人的な制作裏舞台というと、実はザ・セクションの某曲を制作し終えた所だったのでついでに語っている感も否めませんが(笑)、週末は見逃さないで欲しいな♪、と。

タル・ウィルケンフェルドは豪州の人なんで、私としてはついついオージーとなるとAC/DCやゴングのデヴィッド・アレンとかフランク・ギャンバレとかカイリー・ミノーグ(笑)がついつい浮かんでしまうワケですが、このライヴを見る私の意気込み加減とやらはまさにアンガス・ヤングのようにポゴってTVに向かうようなモンでしょうな。セイバンのCMをヘヴィ・ロック風にアレンジしてアンガス・ヤングのように半ズボンでポゴってギター弾く、とまあ気合十分なワケであります。

BTW、ジェフ・ベックと言えばギターよりも車大好き♪という人であるのは有名なハナシでありますが、セイモア・ダンカン氏とギターを交換してるポスターなど見覚えのある方がいらっしゃるとは思いますが、やはり音楽面のジェフ・ベックとなると、そのフレージングもさることながら、どんなギターでも自分の音を出してしまうという強烈な個性と楽器本来のツボを得た音を見抜けるタイプの人だと思います。

ジェフ・ベックは、私が思うにどちらかというとストラトキャスターな人なんですが、ジェフ・ベックの名盤のひとつである「ブロウ・バイ・ブロウ」というのは、実はレスポールを弾いてたりするんですな。というよりもBB&A時代もレスポールですけどね。

そんなアルバム・ジャケにもなっているギター、レスポールの1954 Oxbloodとして発売されたのは記憶に新しいところ。LPstd1954oxblood.jpg

普通のレスポール・スタンダードと違う所は一目瞭然。ストップ・テイルピースのみのサドルなんですな。レスポールJr系と言えばいいでしょうか。チューンOマチック無しってこってすな。

弦も逆通しとなるんで若干テンションが弱くなり、それゆえ太目のゲージを張れる、と。.011〜のゲージとか張りたいモンですな。とてもじゃないですが、アーニー・ボールの「青」のヤツなんて張った日にゃあ未来永劫末裔からバカにされるかもしれません(笑)。

ブロウ・バイ・ブロウから学んだコトは実に多い左近治。楽理的には裏コードなんてぇのは知ってはいたものの、実際にこのアプローチをどう使ってフレーズに活かせばイイか!?という判りやすい題材というものを、当時はまだ左近治はそんな判りやすいフレーズのレコードは持っておりませんでした。そこで出会ったのがブロウ・バイ・ブロウの「Air Blower」でのマックス・ミドルトンのローズのソロだったんですな。E一発からひとりb9thぶつけてF△7(-5)をぶつけるようなアプローチから入ってBbのペンタトニックに行きますよね。

あのアプローチを覚えた事で「裏」への世界観が一気に開けたような気がしたモンですわ。ベースの私がソロ取って裏に行くなんてシチュエーションはそうそう無いんですけどね(笑)。ただ、ジャズのウォーキングなら絶対必要なアプローチとしては知ってはいたものの、そういうウォーキングのフレーズではない音やアプローチの実態を欲していたんですな。

まあ、もっとも後に元々持っていたレコードの中に多くの裏のアプローチを聞き逃していたコトにも後に気付くコトになる左近治でしたが(笑)、あまりに判りやすい先のアプローチはホントに参考になったモンでさぁ。

レスポール使っている人で私の好きなギタリストは他にはマイルス・デイヴィスにも参加していた(=「The Man with the Horn」)バリー・フィナティーですな。LPカスタムですけどね。サムラ(=Samla Mammas Manna)で有名なCoste Apetreaは、使用ギターについては知らないんですが、「ギターの嗚咽感」がバリー・フィナティーに似た所があるので、ご存知ない方は是非ともiTunes StoreにもあるんでSamla Mammas MannaやDe Gladas Kapellをお聴きになっていただければ、と思います。

バリー・フィナティーと言えばソロ・アルバム「2B Named Later」で弾いているダリル・ジョーンズのサドウスキーのJBモドキの音が聴けるワケですが、こちらのダリル・ジョーンズはアルバム通して棒弾きで延髄にケリ入れたくなるほどではあるんですが、ちょっとペキペキ感の強い当時のサドウスキーとタル・ウィルケンフェルドのサドウスキーの音は全く違いますので、その辺りも注意して確認していただければ、と思うんですな。

あの「ペキペキ」音、サドウスキーはやめたんでしょうかね?NYモデルのシリアル1800番台くらいから音のキャラクターを変えてきたような気がするんですが、シャーラー・ブリッジ時代があの音を出すのかな?最近は勘ぐっている左近治です。キャラが若干変わった辺りくらいからローポジのネックも厚めになってきたのが多いです(個体差激しいですけどね、サドウスキーは)。

ちなみにウォルター・ベッカーの使用するサドウスキーもシャーラー・ブリッジではないようですからゴリ感強く出るのかな、と(HPで確認できるレッド・サンバーストのサドウスキーは写真で見る限りはシャーラー・ブリッジっぽいですが、たぶんこのレッド・バーストのサドウスキーは「11の心象」で使っていたのではないかと推測します)。先のアルバム「サーカス・マネー」収録の「Darkling Down」の音なんてベーシスト必聴モンの音出してますよね(←個人的にアルバム中一番好きなベースの音)。

とまあ、タル・ウィルケンフェルドやジェフ・ベックやらサドウスキーなど色んな「楽器的側面」の話題で今回は攻めてみた左近治。タイトルがアレなんで(笑)、ちょっとこの位引っ張らないと示しが付かないだろうと思いまして(笑)。
コメント(0) 
前の10件 | - テレビ関連 ブログトップ