So-net無料ブログ作成

ロンドン五輪 なでしこの予選リーグについて [Football]

 今朝方、私はあるツイートに対して激高していたのでありましたが、タイムラインを汚すのもアレなのでこうしてブログで思いを語ることに(笑)。写真は、嘗て故長沼名誉会長と川淵元会長のチェアマン時代から頂いた手紙で今でも私の宝であります。記者の方からすれば日常的なお付き合いなのかもしれませんが、私はサッカーを含めスポーツを近視眼的な視点では観ていないというコトだけはお判りいただけたら幸いです。
jfaletters.jpg



続きを読む



共通テーマ:音楽

やっぱり不安な守備組織 〜岡田ジャパンW杯最終予選バーレーン戦〜 [Football]

それにしてもハラハラドキドキのバーレーン戦でした。まさか最後の最後で2失点食らうとは・・・。中村憲剛の3点目が無かったらと思うとホントに冷や汗モノです。

2点リードして後は流してカウンター気味に行けばイイだろ、という思いがあったかもしれません。3点目が入る前のクロスバー直撃2連発とか(笑)。

とはいえ私が危惧するのは失点シーンばかりではなく、前半19分42秒〜20分00秒までのシーン。録画されていた方は是非確認してもらいたいですな。

相手GKからの放り込み、一旦中澤がヘッドでクリア。またそれから競り合いになるものの、放り込まれたので日本のDF陣は一気にラインを下げているんですな。事もあろうに内田もサイド上がり気味で、逆サイの阿部が引いて3バックのようにして対処しています。

しかし、ボランチの遠藤と長谷部の連携がどうも攻撃主体。しかもボランチのどちらか一人でも下げてしまったDF陣との間をケアするワケでもなく、ふたりとも狭い局面でボールを囲い込もうとするだけで日本のDFラインとの間にポッカリスペースを作る、と。

ココでバーレンのFWのひとりが下がってボールをサポートしに行きます。クサビとなって。そこで引いてきたFWとバーレーンの中盤とスクリーンプレーされて、遠藤と長谷部は置き去りにされる、と。

こういうシーン。散々先のウルグアイ戦でも見られましたね。ウルグアイはスクリーンに入る際、FW1枚と中盤からの2枚のスクリーンを仕掛けていたワケですが、これにて一気に裏突かれて数的有利作られてしまっていたシーンと同様なんですな。

ウルグアイ戦から結局こういうシーンを目撃してしまうということは、岡田ジャパンの守備戦術では大したモノじゃあないなというのを確信してしまわざるを得ないんですなあ。

あそこで中澤が削りに行くほどプレッシャーをかけるにしても余計な警告を受ければ、現在の日本の守備陣を考えれば中澤が出場停止になるリスクだけは極力回避したい。しかもセットプレーでの重要な得点源にもなり得る大事なメンバー。

でも岡田監督は結局遠藤と長谷部にボランチを託している以上、あれで失点していたら言い訳にならないのでありますが、幸か不幸か。私が感じたのは失点せずに済んだもののウルグアイ戦での再三にわたるピンチと失点シーンと全く変化がないんですよね。

就任当時はW杯で世界3位をブチ上げ豪語した指揮官。まさかアジアグループ3位狙っているワケではないでしょう(笑)。これほどモロい守備組織しか形成できないようでは選手からの信頼もそれほどではないのではないかと穿った見方をしてしまうくらいヒドイものでした。

結局のところ、内田のケアから招いてしまっている守備不安だとも思えるんですけどね。協会は速やかに監督切るべきですよ、ホントに。私は感情だけでこう述べているワケではないんですから。

守備意識があの程度では心許ないというのが正直な感想であります。なにせウルグアイ戦での修正が見受けられなかったという所が重要なポイントですよ。更迭するなら今のうちですな。



コメント(0) 

左近治と日本サッカー [Football]

ウルグアイ戦。実にいとも簡単にヤラれちゃいましたね。守勢の時のマンツーマンを手玉に取られて、ゾーンで対応していいのかどうかもアタフタして耐えきれずに3失点。W杯予選前のスカウティング対策でやっているのかと思いたい左近治ですが、こんな状況じゃあ岡田ジャパン近々ヤバイですな。

ウルグアイのトップ2枚は前線張り付きで、日本のDFラインの駆け引きをしつつ、そこにウルグアイのトップ下がクサビ役になります。トップ下はトップのどちらかとボールの出し手からの方角と巧いこと縦の関係(フィールド上では斜めであっても)を作ります。んで、トップ下に日本のボランチを張り付かせてボールキープをしたら、その時ウルグアイの守備的な中盤2枚が前線にダッシュ。ボールキープしているトップ下は下がって、互いに前後関係を入れ替えます。この時点で中盤のトライアングルは真逆になり、日本のDFラインからすればいきなり数的有利を作られることになります。さらに日本のDFラインがラインを上げられぬまま、位置関係の変わった中盤2枚とトップと入れ替わったり、さらには縦の関係作られたり、引いたトップ下がもう一度加勢して仕掛けたり、とやられ放題(笑)。

マンツーマンディフェンスはオシム政権時代においても遂行していたことですが、相手の入れ替えにはきちんと対応していたように思うんですな。高木がフォアチェックの役割をさせていたのでしょうが、あまりにも連携が整っていないのか、阿部がサポートして引いた所をことごとく突かれてやられた、と。私の見る限りではそのように映りましたが、W杯予選でもこのような対応じゃあ、相当苦戦するでしょうな。それまで監督がもつのかどうか(笑)。

そういえばお盆を過ぎたので喪に服していた左近治。今回は故長沼健元名誉会長から生前にいただいた手紙の写真をアップすることにしました。12年前くらいでしょうか。
jfa.jpg

他にも長沼氏からいただいたお手紙はあるんですが、そちらにはご自宅の住所が書かれているので協会の封書でいただいた手紙での写真を選択することにしました。

W杯招致合戦の頃は結局のところ共催となったためか、人々の苛立ちを代弁どころか増長するかのように専門誌を含むマスメディアですら長沼氏へのバッシングは相当ひどかったと記憶しております。長沼氏や木之本氏(いずれも故人)など、サッカー普及に心血を注がれた方へのねぎらいどころか、サッカー人気の増大とともにいつしか私物化されてしまい、一部の心ない人々から弄ばれてしまったような時もあるように感じておりました。それでも非難の矢面に立ってサッカーを擁護していたと私は感じます。

日本が初めてW杯出場を決めて一喜一憂して本大会終わって1勝もできずに帰ってきたら水掛けられてしまう非情なモノ。それまでは散々期待しているのに。自分の感情だけで勝手に私物化してしまっている一部の心ない人なんていうのはこういうモノなんですな。2006年W杯の敗退も相当国民的トラウマとなったのか(笑)、それまでとは打って変わってにわかファンは去っていきました。これが正常な姿だと思うんですけどね。

左近治は、ただでさえサッカーが好きなのに、身近なところに代表の選手が居たりすれば応援する気持ちも倍増するってぇモンです。仮にその選手が選ばれていようがいまいが。まあ、その選手は現在では現役も引退しておりますし、今ではもうイイ歳です(笑)。でも、そういう人が身近にいたからこそ、その選手の計らいによってなかなか得ることのできない経験を味わわせてもらいましたし、サッカーの練習の裏舞台なども結構垣間みることができてとても貴重な経験になったなあ、とあらためて痛感するんですな。

裏舞台を知ったからこそ、色んな選手の見えない苦労なども見て来れましたし。まあ、こういう話はまた別の機会にでもしましょうか。少々涙を誘うような文章にしてみたいと思っているものの、今日のウルグアイ戦の守備があまりにもひどかったのでうまくまとめられないので(笑)、次の機会にでも。兎にも角にも親善試合だろうと、今回の負け方はひどすぎますね。解任近いかもしれません。

長沼健氏にあらためて合掌。
nice!(0)  コメント(0) 

2007年アジア杯は1次リーグ敗退でもおかしくなかった [Football]

え~、辛辣ながらも観るべきところは観ているつもりですよ、と(笑)。んじゃまあ、次の通り(笑)。



韓国はですね、今やJリーグでも多数活躍している選手が多い中で、昔のように反日的な感情を剥き出しにする選手が少なくなった中で、トルシエ時代から怒りをあらわに挑発する李天秀(イ・チョンス)は、10年ほど前のチェ・ヨンスを受け継いでいるような感じです(笑)。

何度韓国とやっても全く歯の立たない時代(80年代)、都並選手は嫌韓感情やプライドなどかなぐり捨て、韓国選手の滞在するホテルの部屋を訪れ酒を飲み合い迎合されたそうです。

いつから日本は強くなったのか!?

ホン・ミョンボが現役時代、少なくとも90年代はホン・ミョンボが出場する試合で、彼がケガや警告で退場した以外で日本が勝った試合は、私の知る限り1度しかありません。

その後のトルシエ時代の五輪代表(フル代表よりも強い五輪代表と言われてましたね)で韓国をチンチンにしたこともありましたが、両者は拮抗した試合が殆どなのです。

まあ、韓国からしてみれば以前の弱かった日本がここまでになってしまったという驚きの声がいまだに多いわけですよ。


今日のゲームでも、やはり遠藤と中村俊輔。これに尽きますね。

サウジ戦と比較しての違いとして心がけていたのは、この2人の距離を縮めていることくらいのもの(笑)。この二人は公私共に仲の良い二人であるのですが、この二人が持つ足技がどうにもこうにもオシムサッカーの成長を阻害させてしまっているようで、どうにもこうにもこの二人だけでサッカーやろうとしちゃっているんですな。

この二人の間に味方をもうひとり挟んでパスを回して、遠藤か中村俊輔が動き出して3人目の動きを作るシーンなんて確認できましたか?(笑)。

思えば名波、当時27歳でしたか。トルシエ時代のレバノンでのアジア杯。

名波はどれほど中村俊輔をサポートしてくれたことか。名波がサイドに開いた時もサイドを深くそのままえぐるのかと思いきや突然フィールド内にパスを送って動きの緩急を促す名波のやさしいパス。彼こそがコンダクターでしたよ(笑)。

まあ、当時からなぜか中村俊輔というのは盲信的なファンに人気があるためか、当時ですら名波あっての活躍に中村俊輔が「ファンタジスタ」などと持ち上げられるようになったのは、この時のアジア杯を横綱相撲のように優勝したことでさらに調子付かせちゃいましたね(笑)。

今日の試合でも、韓国が10人になった後の韓国ディフェンスラインの前にいるセカンドボール散らし役の選手にプレスをかけるシーンは見当たりませんでした。福西はここでボールをインターセプトすることが代表に限らず、当時は磐田でも得意な人でした。

それ以前だと現横浜FCの山口素弘のインターセプトは、もっと自陣に近い浅い位置でもこなしてましたからねえ。

今ディフェンスラインに入っている阿部勇も、実はインターセプトが非常に得意だったりします。しかし、今野の方が自陣に近い方でのインターセプトや位置取りは阿部勇よりも巧かったりします。相手の急所を巧く突きながらドリブルとパスを出すタイミングは今野の方が相手にとって危険なプレーをするモンです。

ところが、遠藤や中村俊輔(笑)。今日も距離間の違いはあれどサウジ戦と変わらず(笑)。

中村俊輔、走るだけで褒められたものではありません。いくら自分が疲れて左サイドに張ろうとも、ずっとベッタリなんで駒野が上がれません(笑)。もちろん韓国に駒野のサイドを突かれたくないという意思で、韓国の4-2-3-1気味の相手ウイングをケアするための開いていたものだったんでしょうけどね、ここから駒野の上がりを誘発して、駒野とワンツーするんなら、その跡中村俊輔が内に切れ込んでサポートしてやらにゃ相手の「駒」すら動かせません(笑)。

仮にそこで中村俊輔が内に切れ込んだら、遠藤がすぐにサポートに入るのではなく、この二人のパス交換の間に味方をひとり入れるという工夫とポジショニングが全く無いので、結果的に出しどころが相手に判ってしまうんですよ。これはサウジ戦もそうであるし、今大会通じてほとんどそうでした。強いて言えばベトナム戦は違いましたけどね(笑)。

1トップ下にウイングが張る相手や3トップの相手には、トルシエ時代から辛酸をなめてきた日本。これを如実にあらわしたのが黄金世代時のワールドユースでのスペイン戦。相手は攻撃時は4-2-4アタック。これに大童。

トルシエ時代フル代表ではメキシコ戦ですかね。親善試合の。相手の3トップ気味で、相手ディフェンスラインからサイドチェンジ気味に入るフィードに大童。

その後ノルウェーにもチンチンにされ、中沢は今ほど巧くなく完全に狙われてしまったという時代でした。

そうしてジーコ時代に入っても、両翼の強いアタッキングには脆かった日本でしたが、純然たるディフェンダーが中沢ひとりという日本が、当時よりかは危なげなく対処できるようになった点は驚きです。

今のオシム・ジャパンは、相手の「縦の関係」を封殺するのが実に巧いんですね。それはやはり「相手の二の足、三の足」を読めるようになってきているからか。

ただ、相手の仕掛けどころを見抜くためにリアクション気味に入ろうとしてのっけから深いディフェンスラインになってしまうと概ね日本のゲームはドタバタしています。闘莉王がいる試合だとディフェンス・ラインは高くなるんですけどね。

アジア杯を終えれば、センターバックは中沢・闘莉王で、両サイドのフルバックが阿部と今野になるのかもしれませんなあ。もしくは阿部がフォア・リベロの役目で要所要所切り替えながら、フルバックに今野と水野を配置させていくのかもしれません。

家長はフェイント後の「二の足三の足」の出し方が今年は遅く、特にこの春ケガしてましたっけ?すごい遅いんですよね。今のままなら選ばれないかなーと思っているワケです。

中村憲剛が重宝されるのは、トラップする前からボールコースの入り方と、トラップしてダイレクトでは無理な局面での「二の足・三の足」の出し方が実に速いんですな。ヒザから下が実に柔らかく、動きは俊敏。実はコレ、二川もそうですが、トラップの巧さと次の動作の速さは現代表では中村憲剛より速いのは居ないでしょう。

あとは、ポストプレーが柳の枝のように柔らかくしなって相手のチャージすらいなすことのできる我那覇。彼のポストプレーは、稲本の背中で相手を受けるプレーも巧いと思いますが、次の動作のしなやかさという点ではJリーグ随一でしょうな(センターフォワードとしての動きとして)。そういや高松も巧いですね。

今日は、遠藤と中村俊輔の次の動き出しの無いもどかしさを感じてか、鈴木が散々攻めましたが、あのお二人さんは「もう一回オレにパス来るだろ」と見入ってばかりで、相手の散らし役に間合いを取りながらプレスに入るわけでもなければ、ケアしているワケでもない(笑)。

遠藤の方がどちらかといえばオシムサッカーにフィットしているでしょうが、こういう舞台で結局自分達の経験を活かすことができないことを露呈させたわけですから、お引取りいただいてもよろしいのではないでしょうかね(笑)。少なくとも中村俊輔には余生をスコットランドで過ごしていただいて(笑)。

同じ左サイドに張るんでも、現名古屋の藤田だって、内に切れ込んでましたよ(笑)。味方とワンツー交わした後にはね(笑)。というか、これ、バッジオが得意としていた動きですもんね。ダノンがスポンサーの時のユーヴェの頃の。

ファンタジスタって、そういうモンじゃないですかねえ中村俊輔さん。バッジオとは言わないまでも当時の名波を超越できないのなら、今のチームじゃフィットしないでしょうねえ(笑)。
nice!(0)